うちの教室のあの子

いつも教室に来るときに飲み物を買ってくる生徒との一幕。

私「美味しそうだね、そのジュース。どこで買ったの?」

生徒「駅の自販機。」

私「そっか。教室の横にある自販機には、そのジュース無いんだっけ?」

生徒「いや、ある。」

私「じゃあ、その自販機でも買えるんだね。」

生徒「いや、そこでは買わないかな。現金は使いたくないんだよね。駅だと、現金じゃなくても買えるから。」

私「お、おう。」

生徒の一言に圧倒されたと同時に、生徒の周囲に現代っぽい何かが漂っているのを感じました。

認めたくないものだな、自分自身の老いゆえの世代間格差というものを。

初夏の教室にて

新小岩教室 教室長 沼田

PAGE TOP