カブトムシはおいしくない?

ある日のひとこま。

――――――――――――――――――――――――――――

A「先生、寿司好き?」

うん、好きだよ。

A「食べたいよね。買って!」

いや。自分で買いなよ。

A「寿司以外ならいいの?」

B『え、どういうこと?』

いや、そうはならんでしょ。

B『私、寿司が一番好きなんだよね。』

寿司美味しいからね。俺も好きだよ、寿司は。

B『先生、嫌いなものある?』

う~ん、あんまり無いかな。強いて言えば、ナマコかな。わかる?

B『食べたことは無いけど、知ってる!」』

それ以外は多分無いから、好き嫌いは少ない方だよ。

B『私の学校の先生は、スイカが嫌いなんだって。』

カブトムシの味がするから嫌いっていう人はいるよね。

A「え?Bの学校の先生は、カブトムシ食べたの?」

B『なんで?!』

なんちゅう、推論してるんだ!

――――――――――――――――――――――――――――

新小岩教室に逸材が揃っています。が、創造性に富んでいるのか、論理が飛んでいるのか…紙一重です。

新小岩教室 沼田

PAGE TOP